今すぐお金が欲しいを解決【給料日前の金欠やローンの支払いも】

このエントリーをはてなブックマークに追加

月々の支払いを滞納して利息を上乗せされるのは避けたい

いつもの月よりも飲み会が多かったり、結婚式などに呼ばれたりして給料日前にお金が足りなくなって金欠になることは珍しくありません

お金がなくても月々の支払い日はやってきます。家賃や電気代やガス代といった公共料金やライフラインの費用もあれば、携帯電話の通信料金や住宅ローンの支払いがある方も多いでしょう。国民年金や国民健康保険料、住民税などの支払いも突然やってきます。

これらの支払いは滞納してしまうと延滞利息がかかってくるので注意が必要です。延滞利息の金利も15%前後と高額なことも少なくありませんので、低金利のキャッシングやカードローンを利用して、滞納せずに支払ってしまったほうが、お金の面でも有利になることが多いです。

たとえば、携帯電話の利用料金を払わないと、督促状が届き、携帯電話を使用できなくなりますが、それだけではなく、新たに携帯電話の契約をしようとしても審査が通りづらくなってしまいますので注意が必要です。延滞の履歴は個人信用情報機関に金融事故として掲載されることになりますので、クレジットカードや携帯電話などの新規契約の審査が厳しくなってきます。そのような事態を避けるためにも、できる限り延滞しないで期限内に支払うことが重要です。

低金利のカードローンやキャッシングの利用が近道です

携帯料金や家賃などの支払い期限の前にお金がないということも珍しくありません。できるだけ早く現金を用意したいという方も多いです。そんなときに、すぐに利用できるのがカードローンやキャッシングになります。スマホやネットから申し込む事ができますし、審査してお金を融資してくれるまでのスピードも早いです。利用時間内であれば、即日融資も可能なところが多いです。期限内に支払わないで滞納してしまうと、様々な不都合がでてきてしまいますし、高い超過利息を上乗せされることも多いので、一時的に借入れをして支払ってしまうという選択も考えられます。

キャッシングというと高い金利を上乗せして返済しなければならないというイメージがあると思いますが、最近は金利は低く抑えられてきています。グレーゾーン金利と呼ばれる20%を超える高い金利が認められなくなったためです。さらに低金利で借りたいと考えている方は、できる限りテレビCMでお馴染みの大手や銀行のカードローンを利用するようにするのがオススメです。

失業手当
会社を退職して次の仕事を探す際に頼りになるのが失業手当です。ハローワークに必要書類を提出して認定されることで失業保険の給付金を受給することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加